【小田力の法律経済研究所】お金が支配する世界で庶民の僕らが幸せに生きるためには考え続けるしかない

【メルカリ】Xperia1の中古相場が下がっている

Xperia1

こんにちは!

私はこれまではネット通販はもっぱらAmazonでしたが
最近はメルカ・ヤフオク・ラクマにハマっています。

やっぱり買取業者が一旦所有してリスクを取ることができる価格設定で買うよりも
個人からそのまま買う方がお得です。
(たとえメルカリの手数料があっても!)

メルカリを見ている中で気になったのが
Xperia1が結構安くなっていることです。

発売時にはそれなりの話題をさらった機種ですので
注目してたのですが、出品数もかなり多いです。

 

Xperia1の未使用中古の現状相場(4月19日調査)

 

メルカリ・ラクマでは現在au版又はSoftbank版であれば
新品未使用品が45,000円程度から販売されています。

当初10万円程度から販売されていたことを考えると
半額以下で買えてしまうことになります。

Xperia1Ⅱ(エクスペリアワンマークツー)が発表されたので
Xperia1の価格が下がるのを期待してみていたのですが
思ったよりも下がっています。

しかも、販売されている端末の数が結構多いです。
慌てて買わなくても、じっくり考えてから買っても間に合うであろう数が出回っています。

 

docomo版Xperia1はほとんどない

 

auとSoftbank版のXperia1が安いのに対し
docomo版の中古は大変希少でメルカリでもなかなか見つかりません。

中古ケータイ・スマホ専門サイトのムスビーの出品件数で比較してもau・Softbank版に対しdocomo版は4分の1~5分の1といったところです。
docomo版の新品未使用品SIMロック解除済みになると20万円近い価格で出品する強気ぶりです。

20万円で売れるとは思えませんが・・・

 

なぜdocomo版は少なく高いのか??

 

docomo版が高いことにはそれなりに理解できるところはあります。
(4倍以上の値段が付くことまでは理解できませんが・・・)

中古端末をメルカリやムスビーなんかのサイトで買う人間はおそらく
格安SIMのユーザーだと思います。

私は楽天モバイル(MVNOで利用、楽天自社回線の契約ではない)のユーザーで
中古のスマホを使用しています。

そして、格安SIMは他社回線(docomoかauかSoftbankの回線)を借りてサービスを提供しています。
その回線を借りる先として圧倒的にdocomo回線を利用している格安SIMが多いのです。

つまり、docomo版が一番使える格安SIMが多い!ということになります。

そのため、docomo版に価値があるのです。

 

一応、au・Softbank版もdocomo系格安SIMが使えるが・・・

 

au版でもSoftbank版でも、SIMロック解除という手続きを行えば
docomo系格安SIM(docomo回線を借りている格安SIM)の利用が可能です。

 

なので、メルカリなどではau版でもSoftbank版でもSIMロック解除を行ったうえで
「docomo系格安SIMが利用できること」
を売りにしていることがよくあります。

 

確かに利用できることは間違いないでしょうが
実は、Xperia1ではdocomo版・au版・Softbank版それぞれで対応している電波の周波数帯が微妙に異なります。

 

つまり、au版やSoftbank版でdocomo系格安SIMを利用すると
せっかくdocomoとしてはエリア内であるにも関わらず、端末がそのエリアの周波数に対応していないがために圏外になる
という事態が起こりえます。

 

そして、「自分のよくいるエリアがどの周波数帯で接続されているか」
という情報を私には調べることができません。

(問い合わせたら教えてくれるんでしょうか?)

 

正直これは非常にもったいないですね。

イヤです。

 

Xperia1を使うならY!モバイルかUQモバイル

 

結局、現在50000円以下で販売されているXperia1を格安SIMで利用する場合、
docomo系格安SIMは避けた方がよさそうです。

 

しかし、まったく悲観することはありません。

 

au系格安SIMにはUQモバイル
Softbank系格安SIMにはY!モバイル

という、ほぼ本家直営の格安SIMがありますので、そこを利用すればいいだけです。

 

これらUQとワイモバは、実に快適な通信環境を提供してくれているようです。
露骨に他社格安SIMに比べて、自分の子会社を優遇しているのが見てとれます。
子がカワイイのは親にとっては仕方がありません。

格安SIM事業者の立場としての怒りは理解できますが、
利用者としては単に快適な回線を利用すればいいだけです。

また、マイネオのようにau回線を選ぶことができる格安SIMも増えてきています。

 

個人売買は保証なし

Xperia1が40000万円台で購入できることは非常にうれしいですが、
通常メルカリで購入した端末には保証が付きません。

そのため、購入後1か月で故障してしまった場合には自分で修理するしかありません。

 

天下のSony製スマホですから不良品の割合は低い方だと思いますが、
100%ではありません。

そのリスクだけは気がかりです。

 

※厳密に民法の規定やメルカリの約款等を読んでいけば明らかな不良品に対して対応を迫ることはできるかもしれませんが、販売者との対応は大変だと思います。

 

結論!

Softbank版のXperia1を買ってワイモバに変えたい。

 

Rakuten UN-LIMITはau回線を借りているようですが、
au版のXperia1が使えるのでしょうか?
調査中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です