【小田力の法律経済研究所】お金が支配する世界で庶民の僕らが幸せに生きるためには考え続けるしかない

XperiaXcompactからXperiaXZ1に買替レビュー

XperiaXZ1に買い替えました

今更ですが、XperiaXZ1のレビューです。

 

古い機種ですが、さすがはSonyのフラッグシップモデル!

現在でも十分すぎるほどの快適に使用できます。

 

私はXperiXcompactからの買い替えなので、XperiaXcompactとの比較レビューです。

 

イオシスでCランクXperiaXcompactを買った話

ゲオモバイルでXperiaXZ1を買ってみた!【1点だけ要注意】

 

基本的なスペックの違い

 

詳細なスペックの違いは公式サイトに出ているので比較してください。

個人的に重要と思えるところだけ記載します。

 

XperiaXcompact
XperiaXZ1
サイズ
約129mm×約65mm×約9.5mm
約148mm×約73mm×約7.4mm(最厚部 約8.1mm)
質量
約135g
約156g
ディスプレイ
約4.6インチ HD
約5.2インチ Full HD
CPU
MSM8956(Snapdragon 650)
1.8GHz(デュアルコア)+1.4GHz(クアッドコア)ヘキサコア
MSM8998(Snapdragon 835)
2.45GHz×4コア+1.9GHz×4コア
メモリ
ROM 32GB / RAM3GB
ROM 64㎇ / RAM4GB
メインカメラ
2300万画素 広角24㎜
1920万画素 広角25㎜
インカメラ
510万画素
1320万画素

 

使ってみると大きいディスプレイは確かに便利だが片手操作が恋しい

 

最初に違うのは本体とディスプレイの大きさですね。

最近では新しいiPhoneSEが発売されてコンパクトスマホに少し未来が見えてきた雰囲気もありますが

やっぱり大きいサイズのスマホが主流ですね。

 

これまで4.6インチだったディスプレイがXZ1 になって大きくなると確かに見やすいです。

大きいスマホが流行る理由も分からないではないです。

 

漫画は読みやすくなった

 

私は漫画はFireHD8で読むので、スマホではめったに読みませんが、5.2インチになると

「いけるかも??」

と思ってしまいます。

 

FireHD8を持っていない時の緊急避難的な用途には十分な大きさになりました。

 

動画の解像度の重要性に気が付く

 

XperiaXcompactでは気が付かなった動画の荒さに気が付くことが多いです。

 

単純に画面が大きくなったせいなのか、HDからFullHDに変わったからなのかは分かりませんが

解像度の低い動画を見るのが辛くなります。

 

ディスプレイの性能が上がって細かいところまで見れるようになったということでしょうか?

 

各種書面の確認がしやすい

 

これは圧倒的に便利になりますね。

 

メールで送られてきた資料を読んだり、不動産情報のPDFを見ることは多いので、助かります。

1回で確認できる量が増えると効率がかなり上がります。

 

そのためにコスパタブレットのFireHD8を使っているのですが、

常に持ち歩いているわけではありません。

 

片手操作はできなくなった

 

私は手が小さいので、完全に片手操作をあきらめることになってしまいました。

 

XperiaXcompactの時には、片手でほとんどのことが可能でしたが、

XperiaXZ1に変わってから、メールの簡単な返信にも両手での使用が必要になっています。

 

これは正直なところメンドクサイです。

 

私の会社では支給される携帯がいまだにガラケーなので

左手にガラケーで電話しながら、右手にXperiaを持ってスケジュールを確認していたり

満員電車の中で片手でメール返信していたりしましたが、

これから両手になると思うと少し憂鬱です。

 

背面に着けるリングを検討中です。

 

写真の迫力が違う!

 

私は写真を撮るのが好きですが、画面が大きくなると迫力が違います

単純に「大きい」というのはすごいことです。

 

カメラ性能が貧弱なFireHD8では気が付きませんでした。

 

メモリとCPUの進化!スルスル高速で動きます!

 

これまではフラッグシップのスマホなんてオーバースペックで、

高負荷のゲームもしない私には関係ないと思っていました。

 

しかし、差は大きいです。

あらゆる動作が早いです!

 

各アプリの起動時間、PDFの表示速度、メールを開くまでの時間、

全ててこんなにもスムーズなのかと思います。

 

メモリは4GBにアップ

 

現在発売されるスマホのフラッグシップモデルはメモリ12GBの搭載が多いですね

(Xperia1Ⅱは8GBですが)

 

ミドルスペックのものでもRAMを4GB搭載しているのが普通です。

Xperia8なんかも4GBのメモリを搭載してます。

やっぱりこれくらいは必要なんでしょうね?

 

XperiaXcompactは3GBでした。

XperiaXZ1への変化でメモリの増加が嬉しいです。

 

フラッグシップに搭載されるCPU

 

さらにCPU(Soc)の進化も重要なところです。

有名なSnapdragon835シリーズが搭載されていますが、

XperiaXcompactの650から835へスペックアップです。

 

一般的に600番台はミドルスペック用、800番台はハイスペック用、というのが一般的です。

XperiaXcompactは650なのでミドルスペックなのです。

 

対してXperiaXZ1は835なのでハイスペック、やはり当時のフラッグシップです。

Snapdragonの810あたりは発熱などで使いものにならなかったものもありますが、

835は非常に快適です。

 

同じ価格で購入できるミドルスペックスマホよりも高性能のCPUだと思います。

 

特に動作の変化を実感しているアプリ

 

以下のアプリは特に変化を実感しています。

 

Googleマップ

グーグルマップは雲泥の差です。

一時期は動作が重すぎてイヤになっていたのですが、

XZ1にしてからは便利なアプリになりました。

 

Adobe Acrobat Reader

PDFの読み込みが早いです。

大きなサイズになるとモザイク状の表示から変化するのを待つ時間がありましたが

その時間がほとんど無くなりました。

 

Outlook

ずっとHotmailをメインのアドレスとして使用しているのですが、

android用Outlookの動作のモッサリ感は悩みの種でした。

これはあまり古い端末での利用を想定していないのだろうと思います。

 

スプレッドシート・エクセル

Googleのスプレッドシートや、エクセルの利用も開くまでの時間が全く違います。

特にスプレッドシートは拡大や縮小に難がありましたので、XperiaXcompactの時にはまったくダメアプリだと思っていました。

しかし、スマホスペックが上がるときちん利用できるいいアプリだったんですね。

エクセルもノーストレスになりました。

 

カメラはまだ使いこなせてない

 

正直なところXperiaXcompactのカメラでも十分きれいだと思っていました。

微妙な変化は正直なところどっちでもいいんですよね・・・

まぁ性能が上がるに越したことはないです。

 

まだカメラの変化は調査中ですが、今時点での感想です。

 

カメラの画角が少しだけ狭くなった

 

XperiaXcompactは24㎜広角だったのですが

XperiaXZ1は25㎜広角に変更されています。

不動産屋としては画角は広い方がありがたいというのが本音です。

まだ画角が気になるようなところで撮影していないので、変化の程度は分かりません。

 

画素数は下がっているが、それでいい

 

画素数は下がっていますね。

最近の傾向としては画素数を伸ばすよりも、

画素数を押さえてその分1画素当たりに光を取り込む量を増やすようにしている機種が多いですね。

 

スマホの画面で見る分には、800万画素以上あれば十分です。

そのため画素数の減少は全く気になりません。

 

ちょっと増えた便利機能

 

先読み撮影は確かに便利です。

こっちの写真の方がよかった、ということが何度かあります。

 

スーパースロー、オートフォーカス連射といった機能が追加されていますが、

まだあまり試していません。

スーパースローは楽しそうですね。

 

写真の作例

 

Xperiaの写真は自然な発色が好きです。

 

一応作例です。

 

XperiaXZ1で撮影した公園XperiaXZ1で撮影した梅田

まぁ、十分でしょう!

 

まとめ

大画面スマホ流行の理由が少しわかりました。

ちょっと大きいくらいなら便利です。

でも5インチ以下の片手操作スマホも継続してほしいところです。

Xperia5の値段が下がってきたら買いたいですね。

 

しかしスマホのスペックは大事です!

鈍い動作の機種では時間を無駄にしている可能性が高い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です