【小田力の法律経済研究所】お金が支配する世界で庶民の僕らが幸せに生きるためには考え続けるしかない

C型肝炎治療を開始しました。

C型肝炎治療始めました

私は発達障害だけでなくC型肝炎ウィルスを持っています。

私の人生は病気や障害との戦いです。

 

今回はようやく、治る見込みがたったので、

C型肝炎治療について記載したいと思います。

 

今回からC型肝炎治療日誌の記載を開始します。

 

既存の治療で効果が出ないウィルスがいる

 

私の持っているC型肝炎ウィルスには一部変異があり、

これまでのインターフェロンでは治療ができませんでした。

残念ながらインターフェロン治療で2回失敗しています。

 

でも、C型肝炎治療も進んでいるので、

ようやく私が持っているウィルスの変異があっても効果のある(と思われる)新薬が発表されました。

 

【新薬】エプクルーサで治療

 

大阪の大学病院でエプクルーサとレベトールの併用による治療を開始しました。

レベトールエプクルーサ

毎日、朝2種類(1錠ずつ)、夜1種類(2錠)、忘れずに飲む必要があります。

ADHDの世界レベルのうっかりさんである私には、なかなか大変ですが、何とか継続しています。

インターフェロン治療に比べると、

点滴もないので、負担はかなり軽くなっています。

 

まとめ

 

C型肝炎は基本的に治る病気であると言われていますが、

一部のウィルスは既存の薬や治療法に耐性を持っています。

 

でも医療世界は日進月歩で進んでいます。

おかげで私も治療を開始することができました。

ありがたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です