【小田力の法律経済研究所】お金が支配する世界で庶民の僕らが幸せに生きるためには考え続けるしかない

【イチゴ狩り】和泉市の「いずみ小川いちご農園」に行ってきました!

今日は娘が大好きなイチゴ狩りに行ってきました。

 

富田林にある

いずみ小川いちご農園

です。

 

公式サイトはこちら

 

おすすめです!

 

富田林で有名な東農園がまだ始まっていなかった

 

実はいずみ小川いちご農園に行く予定ではなくて、

東農園に行く予定にしていました。

 

こちらはクチコミでメチャクチャ有名なところですね。

 

でも、事前準備のない発達障害バシバシの私は「東農園でいつからイチゴ狩りが出来るのか」を全く調べていませんでした。

(アホです。)

 

ちなみに東農園は3月末から始まるみたいです。

 

急遽始まるスマホ検索で発見したのが「いずみ小川いちご農園」でした。

 

古いカーナビでは場所が出ない!

 

突然行くことになったので、場所は全く調べていません。

とりあえず、カーナビに電話番号を入れてみますが、出ません。

気を取り直して、住所を入力しますが、出ません!!

 

カーナビでは道が無いことになっています。

 

Googleマップには出てくるので、最新のナビなら出るかも知れませんが、これから車で行こうとしている人はお気をつけください。

 

中学校南から曲がって行くと殆どの角で看板がありますが、1ヶ所だけ迷いました。

Googleマップではこの場所です。

看板による案内がなく、イチゴ狩りの旗だけがあったので戸惑いました。

気をつけてください。

 

雨でも行きやすいビニールハウス

ようやく到着すると駐車場は広いので、停められないという心配は無さそうです。

 

まずは受付でお金を払ってチケットをもらいます。

チケットの色ごとに順番に呼ばれますので、それまで少し待つ必要があります。

この日は雨が降っていましたが、ビニールハウス内で待てるので雨でも大丈夫です。

待っている間に梅干を買ってしまいました。

チケットの色で呼ばれると、同じ色のチケットを持っている人みんなでイチゴ狩りの会場に移動します。

途中は車の通る道もありますので、子供連れは注意が必要です。

 

イチゴ狩り開始!甘い!

イチゴ狩りの会場に到着すると、イチゴの取り方や注意事項の説明がありますのでそれを聞いてからのスタートになります。

 

目の前に真っ赤なイチゴがあるのに説明を待つのはなかなかキツイです。

早く食べたい!

 

今日食べられたイチゴは4種類でした。

  • さがほのか
  • 紅ほっぺ
  • あきひめ
  • 女峰

 

ここで栽培しているイチゴは全部で8種類あるそうです。

上記のいちごの他に、アスカルビー、やよいひめ、おいCベリー、とちおとめがあるようです。

 

この農園ではイチゴが少し高い場所で栽培されているので、しゃがまずに立ったままイチゴが食べられます。

凄くラクです。

そして、すごくおいしいです!!

甘いです!

 

練乳がもらえますが、イチゴそのものが甘いので、練乳をかける必要はありません。

そのまま食べるほうがおすすめです。

 

目当ての品種は最初に食べよう

この農園ではグループごとに「ここからここまで」といったように区割りはされません。

同じ色のチケットで入った人全員でどこまでといった感じで、イチゴ畑を広く移動しながら食べていきます。

 

制限時間は30分ですが、最後のほうは赤くていい感じのイチゴはなくなっていくので、目当ての品種があれば最初の食べに行ったほうがいいです。

 

私は今回のイチゴ狩りでは「女峰」が一番好きでした。

 

こんにゃく150円もおいしかった

フランクフルトと、こんにゃくも売ってました。

どっちも150円です。

 

こんにゃくは手作りとのことで、とってもおいしかったです。

「こんにゃく」でこんなに楽しめるのは意外でした。

スーパーのこんにゃくとは全く違います。

 

料金とコストパフォーマンス

 

いずみ小川いちご農園の基本情報はこんな感じです。

 

料金
大人(中学生以上):1,500円
小学生      :1,300円
幼児(2歳以上) : 900円

住所:和泉市仏並町2043番地
TEL/FAX:0725-92-3232
営業期間:平成31年3月2日から5月26日まで
公式HP:http://kogawa-ichigo.com/index.html

 

今回、我が家がイチゴ狩りにかかった費用は下記の通りです。

レンタカー:4,329円(タイムズのカーシェアなのでガソリン代込み)
イチゴ狩り:4,800円(大人2人×1,500円+幼児2人×900円)
合計:9,129円

その場でイチゴを収穫して食べるという体験が楽しいので毎年イチゴ狩りに行っているのですが、
大丸で結構高そうなイチゴを買ってもお釣りがきます。

 

それでも私は来年もイチゴ狩りに行きます。

楽しいから。

 

まとめ

 

春はイチゴ狩りですね!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です