【小田力の法律経済研究所】お金が支配する世界で庶民の僕らが幸せに生きるためには考え続けるしかない

十割蕎麦を食べて見ました。

こんにちは。
今日は初めて十割そばを食べた感想を書きます。
結論としては「まぁおいしかった」という感じ。

 

神田駅前「 戸隠製粉」

戸隠製粉 店内

筆者は関西出身ですが、先日仕事で東京に行く機会がありました。
そのときに神田駅からJRに乗る前に十割そばの旗が見えたので吸い込まれるように入ってしまいました。

 

神田駅前の「 戸隠製粉」です。

 

毎日、大阪で仕事しているときには阪急そばとかの立ち食いそばをよく利用するのですが、
いつもよりは贅沢ですね。

 

店の入り口にある石臼がなんとなく本格的な雰囲気を出しています。

注文は何でもよかったんですが、
なんとなく高級な蕎麦といえばざる蕎麦いいのではないかと思って、ざる蕎麦を注文します。

出てきた蕎麦を見て思うのは
少ない!!
ってことですね。

器の大きさの割りに少ない量を入れるのが高級感をかもし出すのかもしれませんが、
少なく見えることは否めません。

 

食べてみると確かにおいしいです。
しっかりとした歯ごたえがあっていいお蕎麦であることが分かります。
※これ以上に蕎麦の味を表現する言葉を持っていません(笑)

蕎麦の香り???
わかりません!!笑

 

関西人としてはそばつゆが辛い(濃い)んじゃないかってことですが、
これは意外にもいい方に裏切られました。
おいしかったです。

 

※脱線しますが、10年ほど前に東北の駅で立ち食い蕎麦を食べたときに
出汁の味が濃すぎて、というかおいしくなさ過ぎて残したことがあります。
東日本はこれが標準なのかな~と思ってから関西より東でうどんとか蕎麦を食べたことがありませんでした。
偏見持っててすみません。

 

大学時代の自炊生活していたときから、そばが好き

 

蕎麦は好きです。
大学時代は貧乏生活を乗り切るために自炊をよくしていました。

大学生の中ではトップクラスに料理もうまくなったのではないかと思います。

そのときには蕎麦をよく食べていました。
乾麺は日持ちしますし、うどんよりも茹で時間が短いことが理由でしたが、
そのうち蕎麦好きになっていました。
カレーはもっと好きです。

気持ちの問題ですが、うどんは小麦粉しか使っていませんが、
蕎麦は蕎麦粉も入っているので少し品目が多くなって健康的にマシ、、、
なんでしょうかね????

 

子供と一緒に食べることについて

 

子供にいいものを食べさせることについていろんな意見がありますが、
最初は理解できなくてもいいものを食べさせる意義は大きいと思っています。

子供のころに培った味覚は大人になってからも、そんなに変わることはないと思います。
筆者は幼いころに父親がいなかったこともあって、
祖母の家で暮らしていました。
そのせいで比較的薄味になれています。
昔の料理が結構好きです。

マクドナルドがハッピーセットに力を入れるのは
子供たちが幼いころにマクドの味に慣れ親しんでしまえば
将来的にずっと好きになってくれるからです。

うちの子はお父さんに似て蕎麦好きに育っていますが、
まだ十割蕎麦は食べたことがありません。

出来ればマクドナルドよりも十割蕎麦とか
ちゃんとしたものを好きになって欲しいのです。

もちろんたまにハンバーガー食べるのはおいしいので否定しませんけどね。

出来れば十割蕎麦とか
ちゃんとしたものを一緒に食べておいしいなぁと思えるようになって欲しいです。

「ちゃんとしたもの」の定義も難しいですけどね。
基本的には科学的ではない、素材の味が分かるものだと思っています。

 

結論

 

蕎麦は関西より東京ですね。

十割蕎麦は蕎麦の香りとか細かいことは分かりませんが
まぁまぁおいしかったです。
子供と一緒には一回食べたいなと思いました。

あんまり高くないので試してみてよかったです。

戸隠蕎麦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です